EDと皮膚疾患と精力剤との関連性

EDとは男性の生殖器が肉体的、精神的原因によってうまく働かない事を言いますが、このEDは皮膚疾患や勢力財と深く関係しています。皮膚疾患は皮膚だけの問題と考えられがちですが、東洋医学では肺や大腸と深く関わっており、大腸は男性の精巣は大腸と近接している為、大きな影響を受けます。精力がある人は、肌つやも良いのですぐに分かりますし、若ければ若いほど肌つやが良いのは精力に大きく関係しているからです。そして精力剤とEDとの関係は、負の面でより際立っています。精力が多くなると、肌つやに出ますが、精力剤を多用していると一瞬肌つやは良くなります。しかしながら、精力剤はあくまでも外から強制的に生殖機能を向上させるものであり、本来身体に備わっている機能を強制的に向上させ続ければ、身体自体の機能は反対に衰えていきます。そうなると、当然EDが発症しますが、その前に皮膚疾患が現れやすいのです。なぜならED自体は、精神的な面を除くと、肉体的には局部の血流が衰える事で発症しますが、皮膚疾患は全身の表皮の血流や皮神経が関与してくる為、EDよりも先に現れやすいのです。特に東洋医学では黒が腎臓の病色と言われ、腎臓がそのまま生殖機能を兼ねている為、はだつやが悪くなるだけでなく、黒っぽくなっていくようであれば、精力剤によって、EDが起こる前兆として、皮膚が黒くなり、皮膚疾患が起こると考えても良いのです。精力剤は男性にとって欠かせないものであるだけに、使用しすぎや個人個人の体調には充分に気をつける必要があります。その際に、肌の色や皮膚疾患の有無などを未然に発見できれば、うまく精力剤を使いながら、EDも解消していくことができるでしょう。